2018年01月05日

父さんの遺言書

大事な書類を入れてる箱出して見たら

父さんが戦争に行った時に書いた遺言書が出てきた。

父宛に書いた息子郵便を見て父(じいちゃん)はどんな思いで

それを読んだのか、目にしたのか?

じいちゃんのことはあまり覚えていないが恐そうな威厳

たっぷりのイメージが浮かぶ。

だから慄然としていたのか?

奥の部屋でこっそり涙したのか?

父さんの遺言には兄貴の子供達の学費に使うように、

みたいな自分の貯めたお金を長男に託すようなことが

書いてあった。何処までも優しい父さん。

中島飛行機にちょっと勤めてた時期があり、年金もらって

しばらく経ってからだったか、母さんが何処からか聞いて

きたらしく父さんは出るわけが無いと言って、もしも

出たら半分やる!って母さんに言ったって。

そしたら出たらしく、母さんが半分父さんからもらったと

いつか聞いたことがある。

父さんの遺言状に久しぶりに触れたら、なんだか凄く

高貴な物に触れたような感覚を覚える!

戦争だよ!あり得ない世界だよ、今では。

尊い父は今神様となり我が守護神(*^_^*)

さてバイトタイムとなり、頑張るか!

では又ね(^_^)ノ


この記事へのトラックバックURL

http://forestangel.5502710.com/t6193
上の画像に書かれている文字を入力して下さい