2017年12月03日

図書館で癒しタイム

時間のあるおかげさまで読みたい本が読める。

ありがたい今。

この間?亡くなりました日野原先生の最後の本!

『生きていくあなたへ』

105歳どうしても遺したかった言葉

※105歳という年齢を迎えてもなお、僕にはまだ自分でも

知らない自分たくさんあり、その未知なる自分と出会えると

いうことに、心からわくわくしているのです。

※僕は妻をはじめ、たくさんの親しい人を亡くしましたが

亡くなった後のほうが、むしろ生きていたときよりも、

その人の姿が僕の中で鮮やかになっていくのを感じます。

死によって終わるのではなく、今もなお続いている、しかも

以前とは違うもっとはっきりとした形で、、そういう感覚です。
だから僕自身も、死そのものはこわいのですが、そこで

人生すべてが終わるという感覚よりも、新しいものが始まる

予感の中にいます。

これまでは医者として人々を助けるためにこの世での時間を

使ってきましたが、新しい世界でこそ僕の本当の仕事が

始まるような気がしています。

(・_・;)凄い人だね。またほんの2、3ページしか読んで

いないけど、学べる感じ!

仕事終わったら又読もう!

今日も命に感謝して自分を大事に笑って生きましょうね!

(●^o^●)  

Posted by はっぺ at 12:01Comments(0)TrackBack(0)